自宅でよもぎ蒸しをする際に気をつけたい7つの注意点

蒸気が充満したサウナ 自宅よもぎ蒸しのポイント

自宅でよもぎ蒸しをする場合は、全てが自己責任です。
よもぎ蒸しサロンで行う場合と違って注意してくれる人もいないので、何も知らずによもぎ蒸しをすると体調を崩したり思うような効果が得られない場合もあります。
健康を得るために行っているよもぎ蒸しで体調を崩してしまっては本末転倒です。

 

この記事ではよもぎ蒸しを自宅でする際に気をつけたい注意点を7つ解説しています。
もう自宅でよもぎ蒸しをしている方も、これから自宅でよもぎ蒸しをしようと思っている方も注意点をしっかり押さえ、最大の効果が得られるようにしましょう。

あわせて読みたい

 

自宅でよもぎ蒸しをする際に気をつけたい7つの注意点

体調が悪いときには行わない

40度を指す体温計と大量の薬

よもぎ蒸しは大量に汗をかき、体温が上昇するので体にもある程度の負担がかかります。
風邪を引いているときなど体調が優れないときには決して行わないようにしましょう。
体温が上がることにより更に具合が悪くなる場合があります。

自宅でよもぎ蒸しをする場合、自分の体調を気遣ってくれる人はいません。
毎日のよもぎ蒸しを習慣にしている方でも自分の体調を確認することを忘れず、決して無理をしないようにしましょう。

生理中、飲酒時には行わない

カクテルグラスに入ったお酒

よもぎ蒸しは下半身を重点的に温めます。
生理中は体調が不安定になる上に骨盤内の血流が多くなるため、よもぎ蒸しは控えた方が良いでしょう。

また飲酒時は絶対によもぎ蒸しを行わないようにしましょう。
よもぎ蒸しをすると血行がよくなるためアルコールが体内に急速に体へ周り、最悪の場合急性アルコール中毒を引き起こす危険性も。
またアルコールによる水分量の低下とよもぎ蒸しによる発汗が相まって脱水症状にもなりやすく、非常に危険です。

あわせて読みたい

始める前にしっかり水分補給する

コップ一杯の水

よもぎ蒸しでは思っている以上に汗をかくので、事前の水分補給はしっかりしておくようにしましょう。
脱水症状を避けるのはもちろんのこと、たっぷりと水分をとっておくと発汗量も増えるのでデトックス効果も高まります。

またよもぎ蒸しが終わってもしばらくの間発汗は続きます。
老廃物を効率良く排出するためにも、コップ一杯分の水を飲んでからよもぎ蒸しを始め、終わった後にもコップ一杯分の水を飲むのがおすすめです。

終わった後に換気できる場所で行う

蒸気が充満したサウナ

よもぎ蒸しが終わると部屋にはよもぎの匂いが充満します。
良い香りではありますが、部屋の湿度も上がるので換気は必ず行いましょう。

よもぎ蒸しをしている途中は特に換気する必要はないので、終わった後に換気できる部屋であれば十分。
お風呂場などの換気扇がある部屋がおすすめです。

電気鍋の取扱に注意する

赤い電熱器

使用中は熱いので電気鍋に触れないようにすることはもちろんですが、お風呂場など水気のある場所でよもぎ蒸しをする場合は電気コードの取扱にも注意が必要。
濡れた手では絶対に電気コードやコンセントに触れないようにしましょう。感電の危険性があります。

また電気鍋の空焚きは火事を引き起こす可能性があるので絶対にしないように。
電気鍋には先に水やお湯を入れてから温めるようにしましょう。

終わった後すぐにシャワーを浴びない

水が吹き出すシャワーヘッド

よもぎ蒸しが終わると汗をかくのでシャワーを浴びたくなりますが、ここはぐっと我慢するのがおすすめです。
終わった直後は肌表面からもよもぎの有効成分を吸収している途中なので、美肌効果も期待できます。
シャワーを浴びると有効成分まで洗い流されてしまうので非常にもったいないです。

よもぎ蒸しによって出る汗はサラサラしているのでタオルで拭き取るだけでも十分スッキリしますよ。
そのまま寝てしまうのがおすすめですが、どうしても気になる方は終わった1時間後くらいにシャワーを浴びると良いでしょう。

木製の座浴器(イス)は終わった後にしっかりと乾燥させる

木製の座浴器

木製の座浴器(イス)は終わった後しっかり乾燥させないと内部にカビが生える可能性があります。
カビが生えるとよもぎ蒸しをした際の蒸気に雑菌が含まれてしまうので、それを直接体内に取り込むことになり健康への著しい悪影響が。
終わった後は水気のない場所でしっかりと乾燥させるようにしましょう。

黄土製の座浴器であれば放置していてもカビが生えず、メンテナンスも楽なのでおすすめです。
健康を害してしまったり、書い直すことになっては元も子もないので、長く使うつもりであれば黄土製のものを買うのも一つの手ですよ。

 

まとめ

この記事では自宅でよもぎ蒸しをする際に気をつけたい注意点を7つ解説しました。
自宅でよもぎ蒸しをする場合は自分で注意しないとアドバイスしてくれる人はいません。

一歩使い方を間違えれば火傷や健康被害へとつながる可能性もあります。
自宅でよもぎ蒸しが行えることは手軽で便利ですが、最低限の注意点は理解した上で行うようにしましょう。