よもぎ蒸しの貧血への効果は?貧血に効く理由と効果の高いやり方を解説!

貧血で頭を押さえる女性 よもぎ蒸しの効能

多くの女性が悩まされる症状である「貧血」。
貧血になると身体が疲れやすくなり、動悸や息切れがする、食欲が落ちるなどの症状が起き、目に見えて体調が悪くなっていきます。
貧血を放置しておくと嚥下障害や心筋梗塞と言った深刻な病気を引き起こす危険すらあります。

しかし貧血の改善に必要な栄養素は日常生活では取りづらいもの。
決して勝手に治っていくものではありません、、、

 

穴の空いた椅子の下からよもぎの蒸気を取り入れる「よもぎ蒸し」は貧血にも効果があります。
よもぎ蒸しなら毎日続けることも簡単ですし、習慣にしてしまえば手軽に貧血改善ができますよ。

この記事ではよもぎ蒸しが貧血に効果がある理由と、貧血を効率よく改善する方法について解説しています。
よもぎのパワーで貧血が治ればお出かけが快適に、毎日が楽しくなること間違いありませんよ!

あわせて読みたい

 

よもぎ蒸しは貧血に効果があるのか?

青々と茂るよもぎ

よもぎ蒸しは貧血にも一定の効果があります。
継続することでよもぎの成分が貧血の原因を取り除き、体質が改善される効果が期待できます。

しかし貧血の改善には様々な栄養素が必要となるため、食生活の見直しも必須です。
よもぎ蒸しだけでは貧血の改善に必要な栄養素のうち一部しかとることができません。
食事だけではなかなか改善されない貧血ですが、よもぎ蒸しも並行して行うことでより確実に治すことができるわけです。

よもぎ蒸しなら週2~3回、30分間のリラックスタイムを設けるだけで体質改善ができますよ。
貧血だけでなく冷え性、妊娠、老化防止などにも効果があるので、これらの悩みがある女性は検討してみましょう。

あわせて読みたい

そもそも貧血はなぜ起きる?

貧血で頭を押さえる女性

それでは貧血とはそもそもどのような状態のことを言うのでしょうか?

貧血とは血液中のヘモグロビン量が減少した状態のことです。
ヘモグロビンは酸素を体のすみずみまで運ぶ役割があるため、ヘモグロビンが低下すると体中が酸欠状態になってしまいます。
このような状態になると動悸、息切れ、疲労、めまいなどの症状を引き起こします。

このヘモグロビンの材料こそが鉄分で、多くの貧血は鉄分不足が原因となっています。
事実、貧血の8割以上は鉄分が不足することによって起きる「鉄欠乏性貧血」と言われています。

しかしこの鉄分、必要不可欠な栄養素であるにも関わらず体内で作り出すことができません。
鉄分を摂取するには食べ物など体外から取り入れる必要があるのです。
つまり貧血を改善するには1にも2にも、まず鉄分を摂取することが重要です。

 

よもぎ蒸しで貧血を改善できる理由

よもぎは生野菜の中で鉄分含有量第二位!

カップいっぱいの鉄

よもぎは鉄分を豊富に含んでおり、その量はなんと生野菜の中でも第二位です。
鉄分が多い野菜で知られるほうれん草よりもよもぎの方が鉄分含有量は多いのです。

そんなよもぎですが、日常生活の中で口に入れることはあまり多くありませんよね、、、
しかしよもぎ蒸しなら手軽によもぎの成分を体内に吸収することができますよ!

 

「でもよもぎ蒸しってよもぎを口に入れるわけじゃないんだし本当に栄養を吸収できるの・・?」
と疑問に思っている方もいるかもしれません。
実はよもぎ蒸しは膣粘膜や肛門の粘膜から直接蒸気を取り入れるので体内への栄養吸収率がとっても高いんです。
なんとその吸収率は皮膚粘膜の約20倍。

普段から鉄分の含まれた食べ物を摂取しながらよもぎ蒸しをすれば効果は倍増します。
上だけでなく、よもぎ蒸しで下からも効率的に鉄分を摂取してみてください。

よもぎに含まれる成分には造血作用も

血液を流れる赤血球

よもぎに含まれるクロロフィルという成分には血中のヘモグロビン生成を促す作用があります。
そのためよもぎ蒸しをすると、ヘモグロビン量が増えて貧血が解消されます。
もちろん材料となる鉄がなければヘモグロビンは作られませんが、しっかりと鉄を摂取していればヘモグロビンの生成が活性化されて比較的短期間で貧血が治るはず。

またクロロフィルには血液をサラサラにする浄血作用もあるので、生活習慣病や高血圧の改善にも効果があります。
今からよもぎ蒸しを継続して行い、よもぎの成分を体内に取り入れておけば将来長くにわたって健康に過ごすことができるかもしれません。

 

貧血を効率よくに改善するには?

吸収を促進させるビタミンCやクエン酸、タンパク質も取る

様々な種類のサプリメント

よもぎに含まれている鉄成分は「非ヘム鉄」と呼ばれるもので、レバーなどに含まれる「ヘム鉄」と比べると吸収されづらいという特徴があります。
そのため吸収を促進するビタミンCやクエン酸、タンパク質も積極的に取るようにしましょう。

ビタミンCはよもぎ蒸しでも摂取することができますが、クエン酸やタンパク質はよもぎには含まれていません。
クエン酸とタンパク質は多くの食べ物に含まれているため摂取することはそれほど難しくないはず。
クエン酸は主にフルーツ、特にレモンやライムなどの柑橘類に多く含まれているので積極的に取り入れるようにすると良いでしょう。

よもぎ蒸しだけに頼らず、食品からも鉄分を摂取する

皿に盛られた3本のレバー

日常的によもぎ蒸しをして少しずつ鉄分を摂取するのも良いですが、あくまでよもぎ蒸しは補助的な役割と考えましょう。
やはり鉄分はメインは食事から取るべきです。

鉄分はレバーやアサリをはじめとして、海藻類や豆類に多く含まれています。
意識しないと普段とることが少ない食品が多いので、意識して摂取していくようにしましょう。

 

よもぎ蒸しで貧血を解消しよう

この記事ではよもぎ蒸しによる貧血対策の効果と、貧血を効率よく改善する方法について解説しました。
よもぎには鉄分が含まれているとともに、血中のヘモグロビン生成を助ける成分も含まれているため貧血改善にある程度の効果があります。
しかしよもぎ蒸しだけでは貧血対策には不十分なので、食事に気を使いながら補助として継続するのがおすすめです。

よもぎ蒸しには貧血だけでなく冷え性改善や美肌効果、老化防止など女性に嬉しい効果がたくさんあります。
事実、よもぎ蒸しを始めて綺麗になったという方も多くおり、全ての女性が知っておくべき今旬の健康法と言えるでしょう。
あなたもよもぎ蒸しを始めて健康と美しさを手に入れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい