毎日はNG?よもぎ蒸しの最適な頻度を目的別で解説!

風で揺れる壁掛けカレンダー よもぎ蒸しQ&A

「よもぎ蒸しってどのくらいの頻度でやれば良いんだろう?」

「毎日やっても平気なのかな?」

そんな疑問を抱いている方は必見です。

 

よもぎ蒸しは気持ちいいし、効果を感じるにつれて「毎日でもしたい!」と考えている方も多いです。
でもよもぎ蒸しってどれくらい行えばよいのかよくわからないし、毎日することによる悪影響がないのかも気になりますよね。

この記事では効果を得るためどのくらいの頻度でよもぎ蒸しをすべきなのか?と毎日よもぎ蒸しをすることの問題についても解説しています。
よもぎ蒸しを行う頻度があまりにも少ないとせっかく通っていても効果が得られず、むしろお金の無駄になってしまいます。
本記事を読んで最低限すべきよもぎ蒸しの回数についてしっかり理解しておきましょう。

あわせて読みたい

 

目的によって最適なよもぎ蒸しの頻度は異なる

疑問を感じる女性

結論から言うと、どのような効果を目的としてよもぎ蒸しをするのかによって最適なよもぎ蒸しの頻度は変わってきます。

よもぎ蒸しの頻度は目的によって大きく3つに分けられます。

目的によって異なるよもぎ蒸しの頻度
  1. 妊娠が目的の方
  2. ダイエットが目的の方
  3. それ以外(冷え性改善、アンチエイジング、肌荒れ対策など)が目的の方

この記事ではそれぞれの目的に合わせた最適なよもぎ蒸しの頻度について紹介しています。
ご自分が何のためによもぎ蒸しをしたいのか?を考えてそれと照らし合わせながら参考にしてみてくださいね。

よもぎ蒸しによる効果を得たいのであれば、基本的にはある程度短いスパンで継続していく必要があります。
よもぎ蒸しが終わると汗を流して一時的に暖かくなりスッキリしますが、1回限りでは次の日にはまた元通り。
もちろんたまに汗をかいてさっぱりしたいだけなら月1.2回でも問題ありませんが、体質改善をすることはできません。

この後紹介する頻度ももちろん重要ですが、効果を得るためには「定期的に続けること」が何より重要です。
たとえ週1回でも数ヶ月と続けていくことでよもぎの有効成分が身体に取り込まれ、効果を実感することができるようになるはずですよ。

 

基本的には週2~3回が目安

風で揺れる壁掛けカレンダー

冷え性改善、抜け毛対策、デトックスなど、、、

よもぎ蒸しを始める理由は様々だと思いますが、ほとんどの方は週2~3回、大体3日に1回を目安とするのが良いでしょう。
3日に1回のペースなら無理なく続けやすいという方も多いのではないでしょうか。

3日に1回というのは決して適当な頻度ではなく、代謝を上げてよもぎ蒸しの効果を最大限享受するための最も合理的な頻度でもあります。

よもぎ蒸しで身体が温まるとタンパク質の一種、ヒートショックプロテインが活性化します。
ヒートショックプロテインが活性化すると代謝アップ、免疫力アップ、美肌効果など様々な嬉しい効果を得ることが可能。
しかしこのヒートショックプロテイン、一時的に量が増えても3日ほどするとまた減少して元通りになってしまうのです。

よもぎ蒸しによって増えたヒートショックプロテインが減少し始めるタイミングで再びよもぎ蒸しをすることで、常に身体の機能を上げ続けることができます。
その最適な頻度が「3日に1回」なのです。

 

妊娠が目的の場合は時期によって頻度を変えよう

妊娠している女性

妊娠が目的の場合は時期によってよもぎ蒸しの頻度を変えることによって、より妊娠しやすい子宮環境を作ることができます。

基本的には週2~3回、3日に1回程度の頻度で問題ありません。
しかし生理直後~排卵前の低体温期はより頻度を高めてよもぎ蒸しをするとより効果的です。
大体2日に1回、余裕があれば毎日やってもOKです。

排卵前は子宮内膜を作る時期で、そのために黄体ホルモンが分泌されています。
よもぎ蒸しには黄体ホルモンの分泌を促す成分が含まれているため、この時期に重点的によもぎ蒸しをしておくことで厚い子宮内膜を作ることができるのです。
その結果子宮はより着床しやすい状態になり、妊娠する確率が高まります。

あわせて読みたい

ダイエット目的の場合は頻度を増やした方が効果大

肥満でズボンの前が止められない女性

ダイエット目的でよもぎ蒸しをしている方は頻度を増やした方が効果が大きくなります。

1回あたりのよもぎ蒸しでは約300kcalが消費され、これは約40分間のジョギングと同等のカロリー消費量です。
頻度を高めれば単純に消費されるカロリーが多くなるため、効果は高まります。

効率的に痩せたい方は2日に1回、または毎日よもぎ蒸しをしても良いでしょう。
しかしよもぎ蒸しは多少なりとも身体に負担がかかるので無理は禁物。

よもぎ蒸しがダイエットに向いているのは代謝が上がり痩せやすい身体ができるからであって、カロリー消費量を増やすのは本来の目的ではありません。
できればよもぎ蒸しと並行して軽い運動もすると、さらに効率よく痩せることができますよ。

あわせて読みたい

 

毎日よもぎ蒸しをするのは問題ない?

太陽と月の絵

効果が出てくるにつれて「毎日でもよもぎ蒸しをしたい」という方も多く見受けられます。
毎日よもぎ蒸しをすることによる健康上の問題やデメリットはあるのでしょうか?

 

実際のところ毎日よもぎ蒸しをすることによるデメリットは特にありません。
むしろよもぎの有効成分をより多く体内に取り入れることができるのでますます効果は高まります。
日常的によもぎ蒸しを行っていれば自律神経も安定するので快眠が促され、毎日を健康的に過ごすことができるでしょう。
事実、毎日のよもぎ蒸しを習慣化して健康を手に入れている方も多くいます。

よもぎ蒸しを毎日行う場合は体調管理に注意しましょう。
よもぎ蒸しは少なからず身体への負担がかかるということを常に頭の片隅に置き、少しでも体調が悪かったり飲酒時は絶対に行わないようにします。

 

デメリットを強いて挙げるのであれば「施術代がかさむ」ということでしょうか。
サロンで行うよもぎ蒸しは1回あたり2,500円~4,000円程度かかるので毎日行えばたった1ヶ月で約10万円と、その金額はバカになりません。

 

高頻度でやるなら自宅でのよもぎ蒸しも検討しよう

小さな家の模型

「毎日でもよもぎ蒸しをしたいけれどお金がかかる、、、」と気になっている方は自宅用のよもぎ蒸しセットを揃えてしまうのもおすすめ。
効果を実感するにはたとえ3日に1回でも約3ヶ月、トータルコストは約10万円です。
10万円あれば安いよもぎ蒸しセットはもちろん、高い効果があって一生使える黄土製のよもぎ蒸しセットだって余裕で買えてしまいます。

自宅によもぎ蒸しセットがあれば通いに行く手間もなく、好きな時に好きなことをしながらよもぎ蒸しを続けることができます。
セットさえ揃えてしまえば途中で続けられなく心配もありません。
ダイエット、若返り、妊娠など、、、あなたの望む効果を確実に手に入れることができますよ。

あわせて読みたい

 

よもぎ蒸しを控えるべきタイミング

貧血で頭を押さえる女性

頻度に関わらず、よもぎ蒸しを控えるべきタイミングがあります。

よもぎ蒸しを控えるべきタイミング
  1. 生理中
  2. 体調不良時
  3. 飲酒時

以上3つの場合はよもぎ蒸しはしてはいけません。
よもぎ蒸しは身体に負担がかかるので、血液量が不足している生理中や体調不良の時に行うと貧血などで倒れてしまう危険性も。
また飲酒時によもぎ蒸しを行うと血流が上がり、アルコールが身体に早く回って気分が悪くなります。
最悪の場合、急性アルコール中毒で倒れてしまうこともあり非常に危険です。

健康を得るためのよもぎ蒸しで健康を害してしまっては本末転倒もいいところ。
毎日よもぎ蒸しを行っている場合、頻度を増やしている場合でも上記の3つのいずれかに当てはまる場合は絶対によもぎ蒸しをしないようにしましょう。

あわせて読みたい

 

適切な頻度でよもぎ蒸しを行って最大の効果を得よう

健康的な女性

本記事ではよもぎ蒸しの適切な頻度について目的別に解説しました。
目的によってよもぎ蒸しの効果を効率良く得るために適切な頻度は異なるものの、基本的には3日に1回の頻度で行うのがおすすめです。
また最大限によもぎ蒸しの効果を得たいのであれば毎日行っても問題はありません。

よもぎ蒸しによって体質改善がされ、本当の効果を得られるまでには数ヶ月間の時間が絶対かかります。
しかし効果が出る前にやめてしまってはそれまでに通った時間もお金も無駄になってしまいます。
すぐに効果が出ないからといって諦めずに続けてみてください。
「続けてきてよかった」と思える日が必ず来るはずですよ。

あわせて読みたい