自宅でよもぎ蒸しをするメリット・デメリットまとめ

「自宅用よもぎ蒸しセットの購入を検討しているけれど高価なので迷っている・・・」

「サロンに通うのと自宅用を買うのはどっちがいいんだろう?」

そんな風に考えている方は必見です。

確かに自宅用のよもぎ蒸しセットは高価なので簡単に手を出せるような代物ではありませんよね。
しかしだらだらとサロンに通っていると、結局は自宅用セットを買えるくらいの費用になってしまうことも事実です。

 

この記事では自宅でよもぎ蒸しをするメリット・デメリットと、よもぎ蒸しを自宅でするべき人、サロンに通うべき人について解説しています。
この記事を読めばあなたが自宅用セットを買うべきなのか、それともサロンに通うべきなのかがバッチリわかります。
あなたの気づいていない、自宅でよもぎ蒸しをするメリットやデメリットもあるかもしれませんよ。

あわせて読みたい

 

自宅でよもぎ蒸しをするメリット

一度購入してしまえば低コストでできる

数枚の硬貨

よもぎ蒸しセットは初期費用こそかかりますが、一度購入してしまえば低コストでできます。
ランニングコストとなるよもぎパックは1回あたり100円~200円程度が相場なので、缶ジュース1本程度のコストでよもぎ蒸しをすることができます。
サロンでよもぎ蒸しを受ければ1回あたりの価格は3000円~5000円程度にもなるのでその差は歴然。
サロンに通うための交通費も含めればかかるコストは膨大となります。

よもぎ蒸しは1回や2回受けただけでは根本的な体質改善は図れず、長く続けて初めて本当の効果を得る事ができます。
よもぎ蒸しの効能を確実に得たいのであればサロンに何度も通うよりも、自宅用のよもぎ蒸しセットを買ってしまった方がトータルコストは安くなることが多いでしょう。

空いた時間があればいつでも好きな時にできる

黒い目覚まし時計

自宅でよもぎ蒸しをするのであれば、サロンまで通う時間も、オフの日にわざわざ自宅を出る必要もありません。
空いた時間でいつでもよもぎ蒸しをすることができます。

忙しい人にとって週2~3回サロンに通うことは簡単ではないはず。
サロンに行く時間が取れなければ、行くのがだんだん億劫になって続かなくなってしまうものです。
自宅によもぎ蒸しセットがあれば続かない心配もありません。

リラックスして好きなことをしながらできる

読書をする女性

自宅によもぎ蒸しセットがあれば、よもぎ蒸しをしている間リラックスして好きな事をしながら過ごすことができます。
テレビを見るも良し、読書をするも良し、スマホを見るも良し。
よもぎ蒸しセットに付属しているマントには袖から腕を出すことができるものも多いので、ある程度自由に過ごせます。

サロンでのよもぎ蒸しの場合は周りの目もあるので自宅ほどリラックスして何でも、というわけにはいきません。
なんだかんだ一番落ち着くのは自宅、という方も多いですよね。

良いものを買えば生涯続けることができる

黄土製の座浴器

根本的な体質改善するのであれば、よもぎ蒸しは習慣にしてずっと続けていくのがおすすめです。
しかしサロンに通う場合は時間的コスト、金銭的コストを考えるとあまり現実的ではないですよね。

自宅用よもぎ蒸しセットは一度買ってしまえば、壊れたりしない限りずっと使い続けることができます。
好きなことをしながらできる、いつでもできるなどの理由から続けやすいので、無理なく習慣にすることができるはず。
特に黄土製などの良いよもぎ蒸しセットは高価ですが、一度購入してしまえば生涯使い続けることができます。

自宅でよもぎ蒸しをするデメリット

初期費用が高い

貯金箱を見つめる女性

よもぎ蒸しセットは安いものでも2~3万円、一生使える黄土製の座浴器が付属したセットを購入すると10万円前後にもなります。
ポンと出せるような金額では決してありません。
サロンに通う場合は一回あたり3000円~5000円程度なので、1回や2回よもぎ蒸しを体験してみたいという方はサロンの方が安く済ませることができます。

よもぎ蒸しに不安がある方はまずはサロンで体験してみて、長く続けたいと思ったら自宅用のセットを買うのも良いでしょう。

専門家によるアドバイスを受けられない

ホワイトボードに図を書いて説明する女性

多くのよもぎ蒸しサロンには専門家が必ずいるので、よもぎ蒸しを受けながら様々な質問や体質の悩み相談をしてもらうことができます。
自宅でのよもぎ蒸しはリラックスして自分の時間にすることはできますが、専門家と話せる時間は当然ありません。
これこそが初期コストを除けばよもぎ蒸しサロンに通う最大のメリットと言えるでしょう。

逆に調べたい情報は自分で調べられる方、専門的なアドバイスを受けることにそれほど魅力を感じない方はサロンを利用するメリットは薄いかもしれません。

準備・後片付けが大変

掃除道具がたくさん入ったバケツ

よもぎ蒸しを自宅でする際は電熱器でお湯を沸かしたりといった準備、そして終わった後の後片付けをする必要があります。
特に木製の座浴器の場合は終わった後しっかり乾燥させないとカビが生えるので、メンテナンスを怠るわけにはいきません。

よもぎ蒸しサロンだったら準備、後片付けは全てお店でやってくれるので自分はよもぎ蒸しに集中することができます。

部屋によもぎの匂いが充満する

換気をする排気口

よもぎ蒸しが終わった後は部屋によもぎの匂いが充満します。
しっかりと換気してよもぎの匂いを外に逃がす必要がありますが、風向きによっては近所にまで匂いが漏れてしまう可能性も。

自宅でよもぎ蒸しをする場合は換気ができる部屋が確保できるかをあらかじめ考えておきましょう。
換気できる丁度良い部屋がない場合はサロンに通ってよもぎ蒸しを受けた方が良いかもしれません。

 

よもぎ蒸しの楽しみ方に合わせて選ぼう

よもぎ蒸し自宅セットを購入するべき人

日本メディカル研究所よもぎ蒸しセット
  • 根本的な体質改善をしたい人
  • 忙しくて体のケアをする時間がなかなか取れない人
  • リラックスした環境で好きなことをしながらよもぎ蒸しをしたい人

1回や2回のよもぎ蒸しでは一時的に体調は良くなっても、根本的な体質改善まではできません。
体質改善をするならよもぎ蒸しを習慣化し、長期間にわたって続けて行く必要があります。

長い間よもぎ蒸しをするつもりがあるのであれば、自宅用セットの方が手軽さ的にも経済的にも優れています。

既によもぎ蒸しサロンに通っている方も、長く続けるつもりであれば早めにセットを買ってしまうのがおすすめ。
サロン1回あたりのコストも積もり積もれば数十万という額になります。
後で結局よもぎ蒸し自宅セットを買うのであれば、早いうちに買っておく方がお得です。

よもぎ蒸しサロンに通うべき人

サロンのある町
  • 長く続ける気はないもののよもぎ蒸しを体験してみたい人
  • 専門家に体に関する悩み相談をしたり、アドバイスを受けたい人
  • 自宅によもぎ蒸しをする環境が用意できない人

ちょっとした体験程度によもぎ蒸しが気になっている方はまずよもぎ蒸しサロンに行ってみる方がおすすめです。
まずはサロンへ何回か行ってみて、続けようと思った時に自宅用セットを買うのも良いでしょう。

また多くのよもぎ蒸しサロンには専門家がいるので、そこでしか聞けない話を聞けるのも大きなメリット。
よもぎ蒸しサロンに通い続けられるだけの経済的余裕があり、なおかつ専門的な相談をしたい方はよもぎ蒸しサロンに通い続けるのも1つの選択肢ですね。

 

まとめ

この記事では自宅用よもぎ蒸しセットのメリット・デメリットと自宅用セットを買うべき人について解説しました。

よもぎ蒸しを長く続けるつもりの方は一刻も早く自宅用セットを購入した方がコスト面で安く付きます。
何十回もサロンに通ってから自宅用セットを購入して、「もっと早めに買っておけばよかった・・・」と後悔してもサロンに費やしたお金は帰ってきません。

もちろんサロンにはサロンのメリットがあるので、どちらが自分に合っているかを考えた上でどちらにするかを決めると良いでしょう。
重要なのは「何故よもぎ蒸しをするのか?」を考え、目的に合っている方を選ぶことです。
是非目的に合った方法を選んでよもぎ蒸しを満喫してください。

あわせて読みたい