よもぎ蒸しで子宮筋腫が治る?その効果を徹底解説!

レントゲン写真を指し示す医者 よもぎ蒸しの効能

子宮筋腫とは子宮の中にできる良性の腫瘍で、30歳以上の女性の4人に1人は持っているとされています。
良性とはいえ重い生理痛の原因だったり、不妊の原因となったりすることもあり、決して見過ごすことはできません。

よもぎ蒸しを継続すると子宮内環境が改善されるので、子宮筋腫の解消に効果があります。
事実、本場の韓国では子宮筋腫の治療法として、よもぎ蒸しは真っ先に挙げられる当たり前の存在。

この記事では「なぜよもぎ蒸しは子宮筋腫に効果があるのか?」について解説しています。
子宮筋腫に悩まされている方はこの記事を読んで、よもぎ蒸しの力を知っておいてください。

あわせて読みたい

 

よもぎ蒸しは子宮筋腫に効くのか?

若々しいよもぎの葉

定期的によもぎ蒸しを行い、漢方の有効成分を子宮に浸透させると子宮環境が改善され、段々筋腫が小さくなっていきます。
本場韓国では子宮筋腫の療法としてよもぎ蒸しが当たり前のように行われています。

しかしよもぎ蒸しは病院に行っての治療とは違い、すぐに筋腫が消えてなくなるわけではありません。
西洋医学では筋腫自体をなくすために手術を行ったりもしますが、東洋医学では筋腫ができる根本原因を改善することによって筋腫を小さくします。
よもぎ蒸しを継続することによって良好な子宮環境を作り、その結果として筋腫が小さくなっていくのです。

あわせて読みたい

 

子宮筋腫とは?

レントゲン写真を指し示す医者

子宮筋腫とは子宮にできる腫瘍で、30歳以上の女性の20~30%に見られます。
良性の腫瘍なので命に関わることはありませんが、生理痛がひどくなったり不正出血、妊娠しにくくなるなどの症状を引き起こします。
症状がない場合は治療する必要はありませんが、何かしらの症状がある場合は受診しておいた方が良いでしょう。

 

筋腫を小さくする薬と痛み止め、そして手術による治療が一般的です。
筋腫が大きくなったら取り去る方が良いですが、現在筋腫を根本的に治す薬は存在しないため再発する可能性もあります。
子宮筋腫を根本的に治すには子宮内環境を改善し、筋腫ができにくい身体を目指すことが必要不可欠と言えます。

 

よもぎ蒸しが子宮筋腫に効く理由

お腹を抑える女性

東洋医学では子宮筋腫の根本原因は「冷え」であると考えられています。
身体が冷えると代謝が落ちて血の巡りが悪くなり、血液が一箇所に長時間留まることになります。
すると血液が停滞しているところに熱の塊である筋腫ができてしまいます。

そのため子宮筋腫を根本から治療するにはまず身体を温めることが大切です。

 

よもぎ蒸しは穴の空いた椅子の下でよもぎを熱するので、蒸気によって直接子宮を温めることができます。
またよもぎに含まれるクロロフィルという成分が血液中のヘモグロビンの生成を促し、全身の血流を良くしてくれます。

その上よもぎ蒸しには老廃物を体外に排出するデトックス効果もあります。
よもぎ蒸しをしていると子宮からぼたぼたと老廃物が出ていくため、子宮内をきれいにすることができるのです。

 

よもぎ蒸しが子宮筋腫に効く理由
  1. 全身の血流を良くして子宮筋腫の根本原因である「冷え」の改善
  2. 老廃物を排出して子宮内を綺麗にする

 

この2点を同時に行うことができるため、よもぎ蒸しを続けると子宮筋腫が小さくなるのです。

あわせて読みたい

まとめ

この記事ではよもぎ蒸しが子宮筋腫に効果がある理由について解説しました。
よもぎ蒸しによって血行を良くし、子宮内を綺麗にすることによって子宮筋腫の改善を図ることができます。

すぐに子宮筋腫を治したいのであれば薬や手術による治療も有効ですが、筋腫ができる体質を根本から改善しないことには再発してしまうことも。
よもぎ蒸しはすぐに効果があるわけではありませんが、継続することによって子宮内環境が徐々に良くなっていくので筋腫も小さくなっていきます。
子宮内環境を変えたいのであれば、週2~3回、最低3ヶ月程度は継続してよもぎ蒸しをすることをおすすめします。

あわせて読みたい